平 修久の都市とまちづくりのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2月の釜石

<<   作成日時 : 2013/02/24 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

○あれから約2年がたとうしている。また、釜石市のおはこざき地域を訪問した。少しずつ、被災地の人たちは以前の生活を取り戻しつつつる。しかし、復興住宅をはじめ、漁村の物理的な再生は、目に見える形ではほとんど進んでいない。
○大槌町のマストで昼ごはんを食べていたら、以前お話をうかがった漁師さん2人にばったり会った。「震災直後は2週間寝込んだ」という話がポロっと出た。「でも、店も再開し、お金を払えばごはんも食べられるようになった」としみじみと語った。カキのブランド化に向けて、多くの方からの融資を受けながら、以前の仕事に戻っている。
○養殖漁業は、毎年収獲できるワカメや昆布もあるが、カキ、ホタテ、ホヤの貝類は2、3年かかる。したがって、仕事は311前に戻っても、収入が元に戻るのは、2、3年後になる。住宅ローンに加え、漁船や漁具などの購入のための借金を抱えている。表面的なところだけを見るのではなく、このようなことも理解した上で、支援を続ける必要がある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2月の釜石 平 修久の都市とまちづくりのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる